美容皮膚科で出される黒ずみケアの薬は

美容皮膚科で乳首の黒ずみを解消していくこともできます。自分でケアするのに比べるとお金はかかりますが、黒ずみケアに最適な薬が処方されるので、それを使えば徐々に黒ずみを薄くしていくことができるでしょう。 だいたい効果を実感しやすいトレチノインとハイドロキノンの外用薬が処方されます。しかしこの薬は強い作用を持つので人によっては副作用もあります。 表皮のターンオーバーを促すビタミンA誘導体のトレチノインと、メラニンの活性を抑えるというメラニン色素の還元作用のあるハイドロキノンの組み合わせで、乳首のターンオーバーを促進させ美白を強力に行うので、刺激が強すぎる場合があるのです。副作用が出る人は塗り始めて2~2日で乳首やその周りの皮膚が赤くなったりかゆくなったりします。痒みが出てかきむしると黒ずみが増すので、掻いてはいけません。我慢できない場合や違和感が強い場合には医師に相談して薬をやめるか、薬の配合濃度を下げるか、保湿クリームと混ぜて使うことになるでしょう。大体半年程度薬を使うと乳首の黒ずみは随分改善されます。

レーザートーニングで黒ずみケア

レーザートーニングとは、通常のレーザー照射よりも出力の低いレーザー治療です。肝斑治療やデリケート部分用のレーザー治療で使われます。以前は、機械の性能が良くなかったので乳首の黒ずみケアをしてもムラになることがありましたが、今は機械の性能が上がったために均一にレーザーをあてることができるようになり、乳首の色ムラを防ぐことができるようになっています。黒ずみを解消する効果は高いのですが、レーザー治療は特に治療費が高額になるのがネックです。 トータルで考えると高額なレーザー治療を行うよりも専用の化粧品を使って黒ずみケアをしたほうが良いでしょう。即効性はありませんが、副作用もなく安心して利用できます。レーザー治療になると、効果は早く実感できますが、信頼できるクリニックや医師を見つけないと安心して治療も受けられません。