乳首の色が気になっていませんか?乳首の色はキレイなピンク色に憧れるものです。では、どうやったらピンク色になれるのでしょうか? 病院で薬を処方してもらい乳首をピンク色にする方法があります。トレチノインやハイドロキノンを処方してもらうのですが、薬が合わない場合にはかゆくなって掻いてしまったり、余計に黒ずみが悪化してしまうこともあります。病院へ行けばお金もかかりますし、家でケアをして行きましょう。お家でできる乳首の黒ずみケア方法をお伝えします。 乳首が黒ずんでいると、男性関係が激しいという印象を持っている人がいますが、これは誤解です。肌の色はメラニンの量によって決まりますし、ちょっとの摩擦でも色素沈着しやすい肌質の場合は、乳首に色が付きやすいのです。

摩擦が原因で

バストの形を維持するためにブラジャーをしますが自分に合ったサイズをつけていますか?サイズが合っていないと繊維との摩擦で黒ずんでいきます。自分のバストにあったブラをつけることが大切です。肌に優しい素材の下着をつけて摩擦を防ぎましょう。

加齢・ターンオーバーの乱れ

年齢を重ねると、ターンオーバーが崩れてくるため、黒ずみがとれにくくなります。乳首の皮膚も同じです。次第に黒ずみが大きくなっていくのです。さらに、皮膚も乾燥していきます。皮膚が乾燥すると、紫外線や摩擦によってメラニンが生成され、色素沈着を起こしやすくなってしまうので、黒ずむのです。ただし、閉経を迎えたあとは黒ずみは落ち着いてきます。ターンオーバーを整えるためには規則正しい生活をしましょう。また、美白成分が入ったクリームを使って黒ずみケアすることも大切です。

妊娠・出産

妊娠初期の頃から、乳首の色が真っ黒に変化していきます。これはホルモンのバランスが変わったからです。妊娠すると、ホルモンによってメラニンの生成がより活性化しますから、黒ずみが大きくなるのです。しかし、妊娠・出産による乳首の黒ずみは、ホルモンバランスが元に戻れば落ち着いていきます。