黒ずみじゃなく産毛だった

鼻の黒ずみができると汚れがたくさんたまっていると思い洗顔をしたり、鼻のパックをしたりするでしょう。しかしなかなか汚れが取れない場合、黒ずみだと思っていたものが実は産毛だったと言うことがあります。鼻には良く見ると産毛が生えています。産毛が人によって黒ずんで見えることがあります。産毛ケアをすれば黒ずみに見えるものを解消できるでしょう。

鼻の産毛を処理する方法

鼻の産毛を処理する方法は2つあります。脱毛ジェルを使う方法とエステに行って脱毛をしてもらう方法です。間違っても毛抜きで抜くのは止めましょう。毛抜きで1本ずつ抜くのは時間がかかりますし、間違って他の皮膚を傷つける場合もあります。毛穴を毛抜きの先端でほじるとダメージを与えてしまいます。

脱毛ジェルを使う場合は、一度使ったからと言ってすべて取り除くことは出来ませんから、使用するたびに徐々に産毛を薄くしていくことを心がけましょう。鼻の産毛を処理する脱毛クリームやムダ毛処理の抑毛ジェルを使用すれば産毛も徐々に減っていきます。黒ずみに見えるのも抑えられるでしょう。使用するクリームやジェルは赤ちゃんや子供でも使えるような肌に負担の少ないものを選びましょう。小鼻は敏感な部分ですから出来るだけ負担のかからないものを選んで使用しましょう。

エステに行って脱毛してもらう

鼻の産毛を処理するエステやクリニックもあります。セルフケアで脱毛を行えばそれほどお金はかかりませんが、エステなどに行くとプロの手に任せるので費用が結構かかります。しかし、人の手に脱毛をゆだねるので、自分の手間が省けるのでかなり便利です。

ただしエステやクリニック選びには時間がかかる可能性があります。ワキなどであればどのエステでも脱毛施術を行っていますが、鼻の産毛となると限られてしまいます。エステやクリニック選びを慎重に行って安心して受けられると思えば、脱毛施術を依頼しましょう。