スキンケアでできる毛穴ケアには限界があります。もちろんスキンケアも大切ですが体の内部からも毛穴の黒ずみケアを行っていきましょう。毛穴のつまりやたるみ、開きが原因による黒ずみは、毎日のクレンジングや毛穴ケアが大切になってきますが、それだけでは足りません。食事や普段の生活においてもできる毛穴対策も行いましょう。

食生活を気をつけよう

バランスの良い食事をとっていますか? 毎日の食生活は非常に大切です。偏った栄養の食事をしていると肌にも顕著に現れます。
・ビタミンB1は炭水化物の代謝を助け、皮脂の過剰分泌を予防します。うなぎや焼き海苔、豚ヒレ肉、また玄米やごま、そばに多く含まれています。
・ビタミンB2は脂質の代謝に関与、皮脂コントロールには欠かせません。豚、牛、鶏レバー・うなぎ・納豆・卵・ブリに多く含まれています。
・ビタミンB6はタンパク質の代謝に関与、神経伝達物質の合成をサポートします。鶏ささみ・マグロ(赤身)・サンマ・玄米に多く含まれています。そのほか食物繊維も積極的に摂りましょう。

メイクは肌に負担にならないように

いくら毎日クレンジングしているからといっても、メイクは毛穴の奥に汚れや老廃物を貯めるきっかけになる場合があります。メイクをした後はきちんとメイクオフするようにしましょう。特に毛穴が気になるからといってコンシーラーやファンデーションなど、何度も重ね塗りをしていると毛穴の奥にもファンデーションが貯まります。毛穴にまでファンデーションを貯めたくないならシリコン入りの化粧下地がおススメです。光の反射を利用して毛穴を目立たせなくすることができるので、何度もファンデーションを塗る作業から解放されます。

また、毛穴が気になるときは、できるだけ肌に負担をかけないBBクリームやミネラルファンデもおススメです。日焼け止め効果が入っているものであれば、いちいち日焼け止めを使用する必要もないのでそれだけ肌への負担が減ります。何度もファンデーションを塗り重ねると化粧崩れも起こりやすいですが、あまり重ねづけしていない場合には化粧崩れもしにくくなります。化粧を直す手間も防げます。"