黒ずみケアには正しい洗顔を

正しい洗顔をすることで毛穴の汚れや黒ずみを改善していくことができます。毛穴を詰まらせないためにも、毎日の洗顔は大切です。ただし洗顔はしすぎないこと。回数を重ねすぎると余計に皮脂が分泌をして毛穴を詰まらせてしまいますので、洗顔の回数は1日1回~2回で十分です。きちんと汚れを落とすことは必要ですが落とし過ぎは悪影響を及ぼすのです。

洗顔料は使わなくてもいいですが、使うのであれば肌の優しいもの、肌がつっぱらないものを利用しましょう。また、古い角質を取り除きたいために何度も繰り返しピーリングを行うこともダメです。強すぎる洗浄、過剰なピーリングは、肌荒れを引き起こしてしまします。

水で洗顔は

黒ずみケアをした後の毛穴を引き締めるために、水で洗顔をする人がいます。毛穴の奥の汚れを取り除くにはぬるま湯が一番です。脂っぽいお皿も水で洗えばなかなか汚れが落ちませんが、ぬるま湯で洗うと綺麗に脂汚れが落ちます。それと同じ原理です。水で洗っても毛穴の奥の皮脂や汚れは落ちにくいのです。しかし、熱すぎるお湯は肌の潤いを奪ってしまいます。お風呂よりもぬるいお湯で洗顔をしましょう。ぬるま湯で洗えば肌の潤いを残したまま汚れを落とすことができます。

洗顔の最後に冷水で引き締めると毛穴がキュッと引き締まるので実践している人もいるようですが、これは一時的なものです。正しい洗顔をすることで毛穴はキュッと引き締まっていきます。冷水で引き締めるよりも効果がありますし、持続性が高いです。冷水で洗顔を行って汚れが残ったままになれば毛穴はキュッと引き締まりません。冷水での洗顔は止めましょう。

洗顔をする前は肌を柔らかくして毛穴を開いておきましょう。そうすれば毛穴の奥の汚れも排出され易くなります。毛穴の奥を綺麗にするためには、スチームで毛穴を開いてからがおススメです。お風呂の中に入ればスチーム効果があるのですぐに洗顔をせず、少し時間が経って、肌が柔らかくなってから行いましょう。