毛穴の黒ずみをケアするためには洗顔が大切です。正しい洗顔方法を知って潤い美肌に近づきましょう。

洗顔後の肌の質感がポイント

まずは洗顔料選びから始めましょう。洗顔料は汚れがきちんと落ちることは大前提ですが、潤いを奪わないことも大切です。さらに使うごとに肌がつるっとしてくるような、角質ケアもあればいいでしょう。

合成界面活性剤の不使用のものを

洗顔といえば洗顔フォームを利用している人が多いでしょう。肌が敏感な人はフォームに含まれる合成界面活性剤の刺激が肌へのダメージとなります。合成界面活性剤が入っていないものを選びましょう。固形石けんには含まれていないので、わざわざ洗顔フォームを買わなくても固形石鹸を使えば問題はありません。最近では合成界面活性剤の入っていないクレンジングゲルも販売されていますのでおススメです。

やさしい洗顔が大切

せっかく良い洗顔料に巡り合っても、使い方が間違っていると肌荒れを起こす原因となってしまいます。普段の洗顔で、ゴシゴシと擦っていませんか?洗顔をするときには優しくマッサージをするように、くるくると気になる黒ずみ部分を洗っていきます。とくに小鼻周りは毛穴が多く、角栓や黒ずみができやすい場所ですから、くるくると丁寧にマッサージをしながら洗いましょう。

洗顔で力を入れ過ぎて擦り過ぎてしまうとくすみの原因になります。洗い方を間違っていないかきちんと自分で見直しましょう。洗顔料を使う時にはしっかりと泡立ててから使いましょう。手のひらの上でしっかりと泡立てることで肌を擦ることがなくなります。泡があることで擦らずマッサージしながら洗えます。ただしい洗顔を行って毛穴の汚れをとり、肌のきめを整えていきましょう。洗顔後はすすぎもきちんと行います。こめかみやもみあげなどに泡が残ったままになれば、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。洗い残しのないようにすすぎは隅々まで行うことが大切です。