毛穴の開き具合が目立つようになってきていませんか?体はそうでもないのに、顔の毛穴が目立ち、黒ずみが出来ているという人は多いのではないでしょうか。これは皮脂が発達しているせいです。皮脂の腺は頭の次に顔が一番発達しているので、つい毛穴が目立ってしまうのです。

皮脂分泌がアップする夏

皮脂の分泌は夏に特に多くなります。皮脂が多くなると毛穴に詰まりやすくなります。皮脂が毛穴にたまると、酸化を起こし茶色くなります。そこに古い角質が貯まればさらに酸化して黒ずみとなってしまいます。夏は黒ずみにも要注意なのです。

どうして夏場になると毛穴のトラブルが増えるのでしょうか。夏になり気温が上がると、体温も上がり皮膚の温度も上がります。体は汗によって体温を下げようとしますから、汗と一緒に皮脂の分泌も盛んになります。毛穴から過剰に皮脂が分泌すれば毛穴が開くので、夏になると毛穴の開きも増えてしまうのです。

汗をかけば暑さを少しでも和らげようとエアコンを使います。エアコンの効いた室内にいるとすぐに体温が下がりますが同時に乾燥も感じています。体は乾燥状態が長く続くと、皮脂を分泌させて潤いを持たせようと判断するので、水分と油分量にバランスが取れなくなってしまいます。これでは肌のバリア機能も低下しますし、肌のターンオーバーもうまくいかなくなってしまいます。

夏の毛穴対策には保湿

夏の毛穴対策を行う場合、まずは正しい洗顔を行いましょう。洗顔は泡洗顔で優しく丁寧に行います。毛穴の奥の汚れや余分な皮脂を洗い流すのです。洗顔後は水分と保湿をしっかりと行います。化粧水で水分を補給した後はクリームや乳液で保湿をします。水分量と油分量のバランスが整うとターンオーバーも正常に働きますし、毛穴の状態も良くなります。夏はべたつくので、つい皮脂を取るスキンケアだけをしがちですが、肌を健康な状態に保つためには皮脂を取るだけでは不十分です。洗顔後はしっかり保湿も行うようにしましょう。