黒ずみケアでよくある失敗

ひじやひざが黒ずんだ状態だと人前に出るのも恥ずかしくなってしまいます。特に薄着の季節になると、ひじやひざは洋服から出る機会が増えます。人目にさらされる機会も増えますので、黒ずみケアをきちんと行ってツルツル美肌を目指しましょう。

ピーリングやスクラブなどを定期的に行うと肌の古い角質が排除されていきますし、黒ずみケアに最適です。ただし、ピーリングやスクラブといった角質除去のケアの頻度は週に1度までにしましょう。これ以上増やしてしまうと刺激が強すぎるので、肌が傷ついてしまいます。ピーリングやスクラブをした後は保湿ケアを行いましょう。保湿ケアは毎日行います。ひじやひざが綺麗になるためには最低でも1カ月は続けることが基本です。古い角質をはがしたい気持ちは分かりますが、無理やり行うと肌はダメージを受けます。自然とはがれおちていくのを待ちましょう。

黒ずみが気になるからといってスクラブやピーリングを頻繁に行うことは絶対に止めてください。頻度を高くすれば肌はいったんきれいになったように見えますが、その後で余計に黒ずみが発生してしまう場合があります。これはピーリングやスクラブをやり過ぎた結果肌にダメージを与えてしまうからです。ひじとひざの黒ずみケアは根気強く、長期的なケアをおこなうことで、黒ずみを改善していきましょう。

黒ずみケアを行う場合、原因をはっきりと把握したうえで行いましょう。間違ったケアを行うと黒ずみが余計に酷くなってしまいます。黒ずみのケアは特別な方法を行うものではありません。毎日顔のケアをするのと同じくらいきちんと続けていけるかどうかがカギを握っています。途中で諦めることなくケアを行えば黒ずみを食い止めることができますし、綺麗なひじやひざになれます。また、日常的にひじやひざを机や床につけたりこすったりする習慣があれば、黒ずみは出来やすくなるので気をつけましょう。