ヨーグルトを使って黒ずみをケア

なんとヨーグルトで黒ずみをケアしていくことができるのです。材料は、無糖ヨーグルト、ザル、キッチンペーパーだけです。

つくりかた

1. ザルにキッチンペーパーを敷く 2. その上に無糖ヨーグルトを入れ、ホエイ(乳清)と分ける 3. 美白パックに使うのは、ホエイのみ。コットンにホエイを染み込ませ、乳首の上にのせる(5~10分程度 / 乾くまえに剥がす) ※ラップで密封するとより効果的 ヨーグルトは常に冷蔵庫になるのならいつでも使って乳首の黒ずみケアができますね。しかもヨーグルトパックは、コストは控えめですからお財布にも優しい。ヨーグルトは口にするものだから安全性も高いです。 ホエイのほかにはちみつを混ぜたり、小麦粉を同様の割合で混ぜてパックするのもおすすめです。ただし、ヨーグルトパックをしたからと言って急激に乳首の黒ずみが改善されることはありません。継続的に長く続けなければなかなか効果を感じることはありません。有効成分が入っているわけでもないので、週に1~2回を半年以上は続ける覚悟が必要です。

ヨーグルトパックのメリット

ヨーグルトに含まれるタンパク質はゆるやかなピーリング作用があります。パックをすることで徐々に乳首を綺麗にして行くことができます。大きな刺激を与えることなく古い角質を取り除くことができます。さらにビタミンやミネラル、炎症を和らげる働きも期待できます。一番うれしいのは費用が安く済むことでしょう。副作用のリスクがなく、安全に利用できます。

ヨーグルトパックのデメリット

ヨーグルトの水切りをしてからパックをするので時間がかかります。即効性は感じにくいので、途中で飽きてしまう可能性も捨てきれません。

食べ物で体の内側から乳首の黒ずみ対策

体の内部から美白対策を行いましょう。肌に良いとされる栄養素ビタミン、大豆イソフラボン、カルシウム、マグネシウムを意識的にとりいれると、肌荒れがしにくくなるので、黒ずみ症状がこれ以上進むのを防げます。"